≪シンガポールの面白い規制≫

2013-02-11 09:00:00

Goooooood morning!

おはようございます。ショップ支配人の小林です。

今日はシンガポールからお届けします!


今回、マレーシアからシンガポールへは、車で入国。
島国の日本ではありえない話ですが、以前私が住んでいた欧州では、車での出入国は至って一般的。EU域内では、入国審査すらないことが多くあります。

シンガポールとマレーシア間を車で出入国するのも一般的です。
但し、物価が高いシンガポールの政府は、国民がマレーシアで大量の買い物をしないよう、細心の注意を払っています。(シンガポールは国が小さいので、街の中心から車で1時間足らずでマレーシアに行けます。)


食料品や日用雑貨などの購入品は、シンガポール入国時にトランクを開ければ簡単に調べられます。
それに対し、曲者はガソリン。ガソリンも半額なので、ガソリンタンクを空にしてマレーシアに入国し、満タン後に再入国しようとする輩も沢山います。

一方、どれくらいマレーシアでガソリンを入れたかを、シンガポールへの再入国時に実証することはできません。そこで苦肉の策として出した対策が、何とシンガポール出国時のガソリンメーター検査

シンガポール籍の車はマレーシアへ出国時、ガソリンメーターをチェックされます。それが4分の3を下回っていると、有無を言わせず罰金500シンガポールドル(3万5千円)

(要は、4分の1をマレーシアで入れることは黙認するが、それ以上は許さないということです)
「知らなかった」「忘れてた」の言い訳は一切通用しない、シンガポールらしい規制です。

シンガポールのガム禁止は有名ですが、それ以外にも敷地内で水たまりを放置すると罰金(蚊の繁殖防止)だったり、落書きをするとムチ打ちの刑(3回打たれると失神するほどの激痛らしいです)などなど、刑の厳しさはあなどれません


シンガポール滞在時は、くれぐれも品行方正に!

Copyright © 2013 Soukaiketsu Living. All rights reserved.

このページのTOPへ