2019年 1月(2件)

こんにちは。
爽快潔スタッフ いまえ です。
私には6歳の娘と3歳の息子がおります。

ひな人形、
今年はいつ出そうかと、ふと決まりがあるかネットで調べてみました。

すると、
地域や風習によって違いがあるようですが、
立春(2月4日ごろ)から2月中旬の間に飾るのが一般的だそうです。
節分の豆まきで厄を払ってからひな人形を飾るということのようですね。

当店がある滋賀県東近江市は地元特産の近江上布(麻)織物が有名です。
実は、湖国の自然をモチーフに近江上布を使ってひな人形を手作りされているお店が近くにあります。
一体一体丁寧に手作りされていて、被災地を想い制作されていたり皇室に献上されたこともあります。
当店も近江の麻商品を取り扱っていることもあり、ひな人形にも近江の麻が使われていると知り嬉しく思います。

先日、お話する機会がありお店へ訪れると、近江上布をふんだんに使用したとても立派な立雛が迎えてくれました。

そこで「いつ飾る?いつ片付ける?」を聞いてみたところ、
節分を過ぎたらで大丈夫とのこと。
片付けについては、ひな人形を飾るときに欠かせない存在が「桜」と「橘」の木花。
新暦と旧暦を目安にして、旧暦なら桜が咲くころ(4月初旬)まで出しておいても大丈夫とのことでした。

「遅くまで飾っておくと婚期が遅れる」と言われる意味は?と尋ねると、
人形を大切に扱う心を育むためや行儀作法のしつけのために言われていたことが、
一部分だけ切り取られ伝わってしまったようです。

私は3人姉妹で、1つの7段飾りを家族で飾り付けていました。
子供ながらおひな様を丁寧に扱い、並べたあとぼんぼりのスイッチを入れ座って見上げていた記憶があります。
娘が産まれた時、住宅環境でガラスケースに入ったものを買いました。
小さい頃は子供が割らないように、危なくないようにと手の触れられない場所に置いていました。
ですからまだおひな様に触れたことがありません。

しかし、娘も6歳になり話が分かる年頃になったので、今回聞いた話を頭において、
おひな様を大切に扱う心や「ひな人形は、あなたの身代わりで、病気や事故などの災厄から守ってくれるものだよ」と話し伝えてみたいと思いました。

 

今回、思い切って質問してみましたが、お話しを聞くとストンと落ちました。

綺麗なおひな様、すぐに片付けるのは勿体ないなと思っていたので、
桜の咲く頃まで堂々と飾り、息子の五月人形と入れ替えたいと思っています。

ひな祭りは年に一度の華やかな女の子のお祭り。
自分の両親がしてくれたように、その由来や意味を知り楽しく大切にお祝いしていきたいと思います。

 

今回お話を聞いた雛匠東之湖(とうこ)様はこちらをクリック

  

東近江市五個荘にて「商家に伝わるひな人形めぐり」開催
期間:平成31年2月1日(金)~3月21日(木・祝)

3月3日(日)に、東之湖さんのひな人形実演と東之華さんの十二単着装実演があり、娘と一緒に行く予定です!

 

私たち人間でも、
寒くなったり…
暑くなったり…
季節の変わり目、体温調整が難しくなりますよね。
体温調整が難しいと身体への負担も大きくなり、体調を崩すなど、
精神的にもストレスがたまります。

ワンちゃんも同じです。

特にシニア犬の場合は、マットの上で過ごす時間が長くなるので、
なおさらマット周りの環境を快適温度に整えてあげたいですよね。

じゃあどうすればいいのでしょうか?
冬はマットをフカフカの冬仕様にしよう!
でも暑い夏は、涼しい夏用のマットに替えないとっ。
…てことはマットが2つ必要ってこと???

その必要はありません!

ドッグケアマットなら、
高通気性なので暑い夏に蒸れにくいのはもちろんのこと、
寒い冬でも心地よい暖かいマットに大変身します。

ワンちゃんの低体温が心配な冬、そして暑い夏と
1年中同じマットを使える理由は、「96%の空気層」でできたブレスエアーにあります。
ブレスエアーを上手く活用し、ワンちゃんも1年中快適にお過ごし下さい。

寒い季節にご使用頂く場合

ドッグケアマットとフローリングとの間に断熱材を敷くことでブレスエアー内における
空気の流れを防ぐことが出来ます。

すると、空気層に体温の熱が蓄えられ暖かくお使い頂けるのです。
(住宅事情によっては断熱材の表面に結露が生じることがあります。その場合は、
断熱材の上に除湿シートなどを敷いて、結露対策をお取り下さい)

断熱材以外でも、ご家庭にある段ボールをマットの下に敷いて頂くことで
同様の効果が生まれます。
断熱材はホームセンターなどで販売されています。
当店でも断熱材と同様の機能性がある「断冷防水シート」を販売しているので
もしよろしければご検討下さい。

さらに!

ブレスエアーと床暖房、ホットカーペット、電気毛布との相性はバツグンです。
ブレスエアーの空気層全体に電気機器の暖気がたまり、大変心地よくお使い頂けます。
その際には、断熱材は不要です。
ただし、ブレスエアーの耐久性を損なわないよう、機器とマットの間には、必ずタオル等をお敷きください。
電気機器の熱が直接ブレスエアーにあたりますと、ブレスエアーのヘタリを促進する可能性がありますのでご注意下さい。

人より低い位置で生活するワンちゃんは冷気にさらされています。
そんな寒い季節でも暖かいマットの上で安心してリラックスしてほしいですよね。

暑い季節にご使用頂く場合

より涼しくご使用頂くために
マットの下にすのこなどを敷くと、より効果的に通気性を発揮します。

中材のブレスエアーは簡単にシャワーで洗え、
陰干しで乾きも早いので常にマットを清潔に保てます。

人間と違い汗腺が少ないワンちゃんにとって
夏は体温調節が難しく、とてもツライ季節です。        
涼しいマットで快適に過ごしてほしいですね。

ちょっとした工夫でオールシーズン快適にお使い頂けます。

ワンちゃんも体温調整が難しくなる冬、夏、そして季節の変わり目には、
オーナー様がマット周りの環境を整え、寒暖差による体調管理をしっかりと行ってあげて下さい。

ワンちゃんの精神的なストレスが軽減し、
互いに充実した暮らしが過ごせますよう願っています。

ドッグケアマット

Copyright © 2013 Soukaiketsu Living. All rights reserved.

このページのTOPへ