≪タイの、おふくろの味≫

2013-02-13 09:00:00

Goooooood morning!

おはようございます。
ショップ支配人の小林です。
今日もシンガポールからお届けします!

海外出張で一番の問題点は何か

それは、「太る」ことです

「終日会議」→「重いビジネスディナー」→「美味しいホテルの朝食」
この「悪魔のトライアングル」を3日も続ければ、確実に体重は数キロ増


朝食は任意なのでスキップできるのですが、ホテルのビュッフェ朝食はどこも美味しく、中々抵抗できません。。。

食事と言えば、東南アジアでは屋台やホーカーセンター
(フードコート)があちこちにあり、人口当たりの食事処の数が日本や欧米に比べて格段に多いような気がします。統計が見つからないのでわかりませんが、東南アジアでは既婚者の女性就業率が高いことが大きな要因だと考えます。


男性より女性の方がしっかりしている東南アジアでは、家族の経済的支柱が奥さんであることは往々にしてあるようです。

住宅事情が良く、経済レベルの高いシンガポールでは、中流家庭でもフィリピンやインドネシア系のメイドさんを住み込みで雇い入れ、子供の面倒を含めた家事全般をメイドに任せるのが一般的。共稼ぎは当たり前で、よほどの金持でない限り、専業主婦というのは少数派。

バンコクに至っては住宅事情もあり、家にキッチン自体がない中流家庭も結構あるようです。晩は自ずから屋台の料理を持ち帰り、家で屋台料理を家族で食べているとのこと。

多くのタイ人にとって、「おふくろの味=屋台の味」のようです!

Copyright © 2013 Soukaiketsu Living. All rights reserved.

このページのTOPへ