老犬・高齢犬の床ずれ予防について ~ブレスエアーはこんなに凄い!~ 3/3

2011-02-18 01:35:08

~前号からの続き~

<ブレスエアーはこんなに凄い!>

前号で、床ずれを予防するマットレスに求められる4つの要因をお伝えしました。その4つの観点から、ブレスエアーを評価してみたいと思います。

 1.       体圧分散性 ・・・ ブレスエアーには繊維形状が太くて硬いハードタイプと、細くて柔らかいソフトタイプがあります。ソフトタイプは荷重を優しく包み込むように受けますので、体圧分散に優れます。

2.       体位変換サポート ・・・ 高反発弾性が特長のブレスエアー。体が沈み込まず、加重に対してバネ特性が効きますので、小さな力で体位変換ができます。

3.       通気性 ・・・ 96%が空気層ですから、ムレ知らず。爽快に過ごせます。

4.       清潔性 ・・・ お手軽にジャブジャブ洗えるうえに、すぐ乾きます。また、病院のベッドマット用途を狙って開発された素材ですので、素材自体に高い制菌効果があります。菌が繁殖しにくく、また失禁しても直ぐに洗えるので、安心安全です。

そんなスーパー素材を、介護市場の大手メーカーさんが見過ごす訳がありません。介護大手のパナソニック電工様と東洋紡様が戦略的パートナーシップを組み、電工様がブレスエアーを使用した介護商品をシリーズ化(ラクマットエアーシリーズ)して現在展開中。介護施設等を中心に、市場シェアが急速に伸びています。

さすが天下のPanasonicブランドを冠する商品だけあって、機能面や安全面の妥協は一切ありません。どの商品も一級品質の素材を使用し、素晴らしい商品ばかりです。その中でも“ラクマットエアーDX”は、自称ブレスエアーソムリエの私も思わず唸ってしまう商品です。市場で購入出来るブレスエアー製マットレスとして、圧倒的にNo.1の商品です。(この商品には、当店が誇るFour Seasonsも、残念ながら勝てません。。。)

http://panasonic-denko.co.jp/corp/news/0812/0812-4.htm

介護市場に適した素材特性ということもあり、ブレスエアー製品を取り扱う介護関係の流通業者も急激に増えています。

実は一般の方も入場できる介護展が、年に2回あります。春はインテックス大阪で(バリアフリー展)、秋には東京ビックサイト(国際福祉機器展)で開催されます。マットレス関連を中心に、ブレスエアー商材を取り扱う出展者も多数おられます。もしブレスエアーの寝心地をご体感されたければ、ぜひそちらの介護展に足をお運びください。

高齢犬の床ずれ予防について

という訳で、床ずれ防止含め、ブレスエアーが人間の介護用マットとして何故評価されているか御理解いただけたでしょうか?

そして、ペットオーナー様から聞こえてきそうな素朴な疑問。「人間の床ずれ防止に一定の効果があるのはわかったが、果たして高齢なうちの子の床ずれ防止にも効果があるの?」

人間の介護向け商材として、今まで科学的見地に基づいた、非常に沢山の臨床実験や評価が行われています。では、老犬高齢犬向けの科学的分析評価は?東洋紡さんに伺ったところ、ペットに対するブレスエアーの感性工学的な臨床評価は、現在のところ行われていないようです。

一方、人間でも犬でも、床ずれが起きる原因に大きな差はありません。快適性の評価については、人間の基準と犬の基準と異なるかもしれません。が、これだけ多くのペットオーナー様にご支持頂いていることを考えれば、恐らく大半のワンちゃんにとって、ブレスエアーが快適なベッドマット素材であることを断言できると思います。

年齢とともにベッドマットの上で過ごす時間が長くなっている中、少しでも健康で快適に毎日を過ごしてもらいたいと、老犬を飼っておられる方々は切実に願っていることと思います。私の長文ブログを、最後までお付き合い頂いたのも何かの縁。これを機会に、ぜひ一度ブレスエアーワールドをご体験下さい。

老犬・高齢犬の床ずれ予防について ~序論~ 1/3

老犬・高齢犬の床ずれ予防について ~床ずれ発生要因~ 2/3

老犬・高齢犬の床ずれ予防について ~ブレスエアーはこんなに凄い!~ 3/3

その他、老犬・高齢犬用ベッドマットに関するブログの目次

************************************************************************
「シニアになったらブレスエアー!」 
床ずれになりにくい、高通気で高反発な洗えるマット、老犬高齢犬用”PetCareマットシリーズ”のショップページへはこちらからお戻りください。

Copyright © 2013 Soukaiketsu Living. All rights reserved.

このページのTOPへ