Q. 敷布団に適したブレスエアー銘柄について

2011-01-08 12:00:15

Q. ブレスエアーを敷布団として使用する場合、どのようなブレスエアー銘柄が必要ですか?

A. 使用環境によって求められる仕様は異なりますが、ブレスエアー独自の寝心地感をお愉しみ頂くのに必要な敷布団用の仕様として、以下の指標をご参照ください。

+ 繊維形状 ・・・ ハードタイプ推奨 

+ 厚み ・・・ 45㎜以上 (中密度ハードタイプ前提)

+ 密度 ・・・ 中密度以上 (厚み45mm以上のハードタイプ前提)

+ 重量 (厚みと密度で決まります) ・・・ シングルサイズで3.5kg以上(側地の重量除く)

尚、敷布団では中芯材に掛かる荷重が大変大きくなります。線形の細いソフトタイプ単層のみを敷布団の中芯材としてご使用頂きますと、底着き感やヘタリの問題が発生しやすくなります。(厚さ50mm以上の高密度タイプでしたら適合しますが、相当な高額商品となります。) 敷布団用途の場合、ソフトタイプはベッドパッド用又は積層品の上層マットとしての使用が基本となります。

当店で使用している敷布団シリーズのブレスエアーを視覚的にご理解頂けますよう、ビデオクリップを作成致しました。こちらをご覧いただき、弾力性(寝心地)の違いをご確認ください。(新しいウィンドウでユーチューブに接続します)

爽快潔リビングショップページに戻る>

Copyright © 2013 Soukaiketsu Living. All rights reserved.

このページのTOPへ