Q. 冬場にご利用頂く際の留意点について

2011-01-05 12:00:56

Q.高通気な敷布団だと、冬は寒くないのですか?

A.正しくお使い頂ければ、むしろ暖かくご利用頂けます。寝室が極端に寒くない限り、体温がブレスエアーの空気層に溜るので蓄熱効果が高まります。放熱しないよう、敷布団全体を厚手のシーツや敷布団カバーでしっかりおおって下さい。但し、以下の環境でご使用の方は、確実な防寒対策が必要です。

1.フローリングや畳の上でご使用の方 ⇒ 床からの冷気を遮断するため、冬期は敷布団の下にベッドパッドやタオルケットを必ずお敷き下さい。

2.室温が10度以下のお部屋でご使用の方 ⇒ 厚手のシーツで、敷布団をしっかりおおってください。それでも充分な効果がない場合、敷布団の上に冬用のベッドパッドやタオルケット等を敷いてお使い下さい。

アクセスの多い投稿
最近の画像つき投稿
  • (3)冬場の睡眠の質をアップさせる3ヶ条
  • (2)太陽光は「幸せホルモン」の呼び覚ますスイッチ
  • (1)憧れの北欧文化、生みの親はなんと「雲」
  • 冬場の鬱(うつ)は、“雲(くも)”が引き起こす?
  • (3)夫婦円満を導く、枕のニオイケア
  • (2)ニオイの種類によって異なる発生部位
  • (1)年齢によって変化する男性のニオイ
  • 旦那の枕はなぜ臭い?  ~夫婦円満寿命を保つ、枕のニオイ対策とは~
  • 【4】番外編 これであなたもダニ博士!ダニ対策のためのお役立情報
  • 【3】ダニよさらば!ブレスエアー製寝具ならではのダニ根絶法
  • 【2】ダニの一生にならえ!弱点を攻撃する4つの作戦
  • 【1】隙がないダニの住み家、その攻略法とは!?
  • 重度なダニアレルギーの筆者が教える、ダニと寝具のお話
  • やらなきゃ損!ネムリエ寝心地メンテナンス
  • その② 機能性を保つ羽毛布団の収納方法
  • その① 徹底比較!寝具の3大洗濯法

Copyright © 2013 Soukaiketsu Living. All rights reserved.

このページのTOPへ