老犬・高齢犬の床ずれ予防について ~床ずれ発生要因~ 2/3

2011-02-19 12:00:08

高齢犬の床ずれ予防について

~前号からの続き~

高齢犬オーナー様が抱える一番のお悩みは、「わが子が寝たきりになり、床ずれになったらどうしよう」という不安だと思います。

具体的な対策案を練るにあたり、まずは床ずれに対する認識を深める必要があります。そこで、ブレスエアーの話をする前に、人間の事例から、床ずれになる原因と対策について考えてみたいと思います。

 【床ずれが起きる原因について】

 <主因:局部圧迫>

寝ている際、骨と寝具が接する部分が体重で圧迫され、血行障害が起きます。ご自分で体を動かすことができず、この圧迫が長時間続くと、皮膚組織が壊死して床ずれになってしまいます。床ずれ発生の一番大きな要因は、この長時間の局部圧迫です。

 <局部圧迫以外の主な原因>

「床ずれ発生原因=寝たきりで動けないため(局部圧迫)」と思われがちですが、実は様々な複合要因から、床ずれは発生します。以下、主だった複合要因です。

  •  体を動かした際のズレや摩擦
  • 失禁、発汗、下痢等による、皮膚の汚れや湿潤
  • 栄養状態の低下

したがって、体圧分散性に優れたマットレスだけでは、床ずれは防げません。

高齢犬の床ずれ予防について

 【床ずれ予防に必要な対策】

では、床ずれを予防するにはどうしたらよいか?色々な予防手段はありますが、ここでは床ずれ予防に適したマットレスに特化して、考えてみたいと思います。

  1.  局部圧迫を緩和する、体圧分散に優れたマットレス
  2. 自力で体を動かしやすいマットレス
  3. 通気性があり、汗をかきにくいマットレス
  4. 洗えて清潔を保てるマットレス。

 体圧分散性に大変優れたマットレスとして、エアマット、ウォーターベッド、低反発ウレタンマット等があります。一方、コスト、耐久性、お手入れ、寝心地等の点から、エアマットやウォーターベッドは、床ずれの進行が進んでしまった方のご使用が多くなっています。

低反発ウレタンはお手頃ですし、体圧分散には優れますので、介護用マットレスでも使用されています。一方、体が沈み込むので体位変換が困難な点、通気性が無いので夏は蒸し暑い点、そして洗うことが出来ない点等のマイナス面も多くなっています。

 特に被介護者の生活の質(QOL)が求められる今、快適性や清潔性はマットレス選びのとても重要な要因です。

 そして、介護業界に彗星のごとく登場したのが、高反発で高通気な新型素材ブレスエアー。高反発弾性が素材特性ですので、床ずれが進行した方には、エアマット等のほうが向いているかもしれません。一方、上述した「床ずれ予防マットの基本条件」となる、体圧分散性、体位変換サポート、通気性、そして清潔性すべて兼ね備えたスーパー素材「ブレスエアー」。

次号では、そんなスーパー素材ブレスエアーが、如何に介護向けに適しているかを考えてみたいと思います。

老犬・高齢犬の床ずれ予防について ~序論~ 1/3

老犬・高齢犬の床ずれ予防について ~床ずれ発生要因~ 2/3

老犬・高齢犬の床ずれ予防について ~ブレスエアーはこんなに凄い!~ 3/3

その他、老犬・高齢犬用ベッドマットに関するブログの目次

************************************************************************
「シニアになったらブレスエアー!」 
床ずれになりにくい、高通気で高反発な洗えるマット、老犬高齢犬用”PetCareマットシリーズ”のショップページへはこちらからお戻りください。

Copyright © 2013 Soukaiketsu Living. All rights reserved.

このページのTOPへ