【冬の眠りを妨げる あるあるNG行動②】電気毛布の活用で、一晩中布団もポカポカ??

2021-01-09 10:45:47

寒い冬。冷え切った寝具に入る時、体がブルブル震えるあの寒さ。

その救世主として一番頼りになるのは、やはり電気毛布ですよね。

あの温かさを一度経験すると、もう電気毛布無しの冬の眠りは考えられません。

 

しかしです。。。

 

その温かさを代償に、使い方によっては眠りの質を大きく落としてしまっている可能性があること、ご存じですか?

 

ショック猫

 

私たちは寝入りのときに深部体温を急激に落とすことで、深い眠りに入る体のメカニズムになっています。

そして、就寝中は文字通り「スリープモード」で、低い深部体温を維持します。

(起床一時間前くらいに深部体温は再び上昇し、起床の活動に備えます)

 

そうです。

良眠につながる睡眠時における体温変化のキーワード、

「ゆっくり上がって、ストンと落ちて、スリープモード」です。

 

質の高い眠りを得るポイントは、この体温変化のメカニズムを支える就寝環境を整えること。

 

それがです!!!

 

体は深い眠りに入るため体温を下げようとしているのに、電気毛布が高温設定されていて、体温低下を妨げたら眠りはどうなるか。

 

体温が低い就寝中、必要以上に電気毛布で体を温められ、寝床内で汗を沢山かいたらどうなるか。

 

あたたかく眠りたい気持ちとは反対に、寝入りが悪く、寝冷えに繋がってしまうことにもなります。

 

電気毛布の役割は、「就寝30分前に電源を入れ、寝床内を温めておく暖房器具」と考えましょう。

そして、寝床に入ったら必ず電源を切るようにしましょう。

 

 

タイマー機能があれば、起床前の1~2時間前に電源が再び入るように設定し、カラダを温めながら起床するのもおススメです。

眠りの質を損ねないよう、電気毛布は賢くご活用くださいね。

 

 

<< あるあるNG その1

あるあるNG その3 >>  

 

【冬の眠りを妨げる あるあるNG行動】

あるあるNG序章

あなたの寒さ対策、実は逆効果かも!?

あるあるNGその

寝る直前に熱いお風呂に入り、体をしっかり温める??

あるあるNGその
電気毛布の活用で、一晩中布団もポカポカ??

あるあるNGその

暖かい冬用ルームウェアを、パジャマにも??

あるあるNGその
毛布は体の上に直接掛けて使う??

あるあるNGその
エアコンは体に悪いからつけたまま寝ない??

 

 

 

 

アクセスの多い投稿
最近の画像つき投稿
  • 保護中: (3)夫婦円満を導く、枕のニオイケア
  • 保護中: (2)ニオイの種類によって異なる発生部位
  • 保護中: (1)年齢によって変化する男性のニオイ
  • 保護中: 旦那の枕はなぜ臭い?  ~夫婦円満寿命を保つ、枕のニオイ対策とは~
  • 【4】番外編 これであなたもダニ博士!ダニ対策のためのお役立情報
  • 【3】ダニよさらば!ブレスエアー製寝具ならではのダニ根絶法
  • 【2】ダニの一生にならえ!弱点を攻撃する4つの作戦
  • 【1】隙がないダニの住み家、その攻略法とは!?
  • 重度なダニアレルギーの筆者が教える、ダニと寝具のお話
  • やらなきゃ損!ネムリエ寝心地メンテナンス
  • その② 機能性を保つ羽毛布団の収納方法
  • その① 徹底比較!寝具の3大洗濯法
  • 徹底比較! かしこい冬物寝具の洗い方と片付け方
  • ネムリエ寝具の洗い方
  • 冬を快適に過ごす!ブレスエアー製寝具の使い方 <冬の対策>
  • 【冬の眠りを妨げる あるあるNG行動⑤】エアコンは体に悪いからつけたまま寝ない??

Copyright © 2013 Soukaiketsu Living. All rights reserved.

このページのTOPへ